新型コロナウイルス対策とお願い

新型コロナウイルス対策にご協力をお願いいたします

方針イメージ

寒い時期になり感染者が増加してきています。当院では新型コロナウイルス感染防止対策を引き続きおこなってまいります。動物を飼育している方が感染して入院になってしまった場合、飼育されていた動物達も頼る人がいなくなって困ってしまいます。飼育している動物達のためにも人が感染しないよう、どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

〇入室前に手の消毒・マスク着用をお願いします

〇最小限の人数でご入室ください
(小さなお子様お連れの場合はお気になさらず一緒にお入りください)
〇お車や外のベンチでお待ちいただきます

密集を避けるため現在、院内の待合室の使用を止めております。院内でお待ちいただかずに、お外やお車でお待ちいただいております。外にベンチが置いてありますのでそちらでお掛けになってお待ちいただくか、お車でご来院の方はお車でお待ちいただきます。患者様同士距離をとってお待ちください。寒い時期になりましたので外でお待ちの方は防寒対策をお願いいたします。マスクをお忘れの方は受付へお声おかけください。

〇体調悪い方(人)の来院はお控えください

飼い主様が体調不良の場合、代理の方に連れてきていただきますようお願いいたします。

〇消毒除菌・換気

当院では動物の感染予防のため普段から診察台をはじめ各所の清掃除菌をおこなっておりますが、特にドアノブ等の消毒頻度を増やしています。普段、動物病院では動物(特に猫ちゃん)逃走防止のため窓を閉じております。そのため窓を開けなくても室内の空気を換気できるようにしてありますが、それに加え窓・扉を開けての換気を定期的におこないます。猫ちゃんお連れの方は逃走防止のためキャリーケース・キャリーバッグ・洗濯ネット等にしっかりと入れてご来院ください。

〇マスク・ゴーグル着用・仕切り板使用

スタッフが適時マスクやゴーグルなどを着用させていただくことがございます。長くかかる説明の場合、飛沫防止用にアクリル板を使用させていただく場合がございます。

当院スタッフの体調不良時は休暇を取らせていただきます。その場合、人員不足によりお待ちいただく時間が長くなる・電話に出ることができない・手術日程の変更をしてもらう、臨時休診等、患者様にもご迷惑おかけすることがでてくるかもしれませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。